リソース(サービス供給源)

VATチャート のダウンロード

以下の表は、VAT還付の対象となる主な経費を例として記します。請求されたVATの割合と還付の対象となるVATの割合です。空欄は、還付対象外の経費です。VATチャートは、一般的な基準としてご参照ください。

 

VATチャートEU – 当チャートは、EU域内で設立された企業を対象に、VAT還付対象となる一般的な経費の例の概説です。

VATチャート Non-EU – 当チャートは、EU域外の企業を対象に、VAT還付の対象となる一般的な経費の例の概説です。

“居住国のVATチャートをダウンロードして、VAT還付金を請求できる経費タイプと国を確認してください。

これは一般的な指標です。お客様のビジネスに関する具体的な情報や、お客様の拠点のVAT還付表がご確認できない場合は、弊社までお問い合わせください。”

VAT還付申請の主な基準は何ですか?

VAT還付申請の主な基準は何ですか?

海外での業務でVATが発生した場合、VAT還付を請求できる確率は高くなります。VAT還付の条件は国によって異なりますが、ほぼすべての国で共通しているVAT還付の基準は、VAT登録、事業活動と所在地、発生した経費の種類などです。多くの企業は、経費削減を目的に海外でのVAT還付が重要であることを理解しています。しかし、VAT還付は複雑で手間や時間がかかるため、独自でVAT還付申請を行うことは現実的ではありません。そこで、当社の経験値と現地の税法に関する専門知識の活用で、税法を遵守したVAT還付プロセスでお客様がVAT還付管理する包括的に行うことができます。クロスボーダーでの請求書や経費がある場合、当社のVAT分析で全出張費・経費データを分析し、VAT還付対象金額を特定することができます。

一般的な還付期間はどのくらいですか?

一般的な還付期間はどのくらいですか?

ほとんどのEU諸国では、課税年度は1月1日から12月31日までであり、VAT請求の提出期限は9月30日までです。多くの国では6月30日が期限となっています。過去にさかのぼり遡及請求を認めている国もあります。当社は、各国の複雑な要件を整理し、すべてのVATプロセスをエンド・ツー・エンドで提供します。